カテゴリー

奇跡のリンゴを読んで、農薬、自然、役割、人との関わり方とか考えた。木村秋則さんの考え方が好き。

無農薬でリンゴを作る木村秋則さんの話。前々から知ってたけど、読んでなかった。空港で目について読んでみたら予想以上にオモシロい。

カテゴリー

チームビルディングをサッカー漫画「ジャイアント・キリング」から学ぶ。今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則

先日たまたま楽天大学の学長の仲山さんと飲む機会があった。最初は様子を見てたのだけど、お互いサッカー好きということで、共感する部分があって楽しく話してたら、仲山さんが、ジャイアント・キリング(サッカー漫画)を題材として、チームビルディングの本を書いたというではないか。

カテゴリー

「あたらしい書斎」(いしたにまさき著)断片的な時間をうまく使えることより、考え抜く機会を増やすほうが重要じゃない?

ちょっと遅いが、いしたにさんの本を読んでみた。実ははじめて・・・。すごくよかったので、久々の本のレビューです。

カテゴリー

神田昌典さんの未来予想図では、会社はなくなるが、日本の将来は明るいらしい。2022-これから10年、活躍できる人の条件のレビュー

日本の将来は暗い!が、考え方次第ではめちゃくちゃ明るい!という神田昌典さんからのメッセージ。

カテゴリー

岡田斗司夫さんが、コンテンツは金にならない!と言い切る。デジタル時代のぼくらの著作権入門のレビュー

デジタルの制作は切ない。デジタルのモノ作りスキルは果たして生き残るための武器になりえるのだろうか。

カテゴリー

本田圭佑のコミュニケーション論に共感!意見は違って当たり前!

前回のNUMBERはスポーツ選手のコミュニケーション論。本田圭佑のコミュニケーションのスタンスが完全に一緒でめっちゃ共感したので紹介。

カテゴリー

東京R不動産のフリーエージェント・スタイル。だから、僕らはこの働き方を選んだ。

東京R不動産という面白い不動産サイトがあるんだけど、そのサイトを運営している人たちの働き方の本。フリーエージェントという言葉に惹かれて読んた。

カテゴリー

スポーツマーケティングの裏側。サッカーという名の戦争を読んで。

サッカーは大好きだけど、スポーツを普及させるための裏側なんて全然知らなかったので、驚いた!

カテゴリー

「組織のパフォーマンス」と「モチベーション」は「人事評価制度」次第。官僚を国民のために働かせる法(古賀茂明)を読んで。

古賀さんの本を初めて読んだ。分かりやすくて面白かった。増税する前に国家公務員制度改革をしろ!とまんまと思った。w

カテゴリー

体幹ランニングはナンバと似ている。体を効率的に動かすために、骨盤を起こす!

4年前にホノルルマラソンに出た後、ちょいちょい走ってる。月に数回、1回10キロ。

カテゴリー

わたしのはたらき「西村佳哲」のレビュー

西村佳哲さんの新しい本は「わたしのはたらき」。全国からたくさんの人が奈良の図書館に集まって、「自分の仕事」について考え合った3日間のイベントから生まれた本。毎年1月ぐらいにやってたけど、結局行けなかったイベント。早速読んでみた。

カテゴリー

自分が不便なことはビジネスチャンス。絶対ブレない「軸」のつくり方のレビュー

スポーツで人々を感動させたいという強い気持ちで金融の仕事を辞めた南壮一郎さん。スポーツマネジメント経験が全くなかった彼がどうやって楽天イーグルス創業メンバーに入れたか、なんてことが書かれている。

カテゴリー

世界で結果を出すために、サッカーの中盤選手に起きた変化。

Sports Graphic Number (スポーツ・グラフィック ナンバー) 2011年 9/29号

「サッカーは人生の縮図」だとオシムは言ったらしいが、僕もそう思う。少し前にNUMBERに香川真司の記事があったので紹介。

カテゴリー

心も体も筋トレ、村上春樹さんの「走ることについて語るときに僕の語ること」のレビュー

走ることについて語るときに僕の語ること

★★★☆☆

健全な肉体にこそ、健全な精神が宿るって思ってるもんだから、
時間があれば走るようにしてる。

具体的には、毎週日曜は午前中フットサルして、午後から皇居を10キロ走ってる。
(いつもじゃないよ。)

カテゴリー

「いつか」はない。西村佳哲さんの「いま、地方で生きるということ」のレビュー

いま、地方で生きるということ

★★★★★

西村佳哲さんの新しい本「いま、地方で生きるということ」が出た。記念イベントがあったので、先週行ってきた。
本を書くに至った経緯や、ミシマ社さんとのやり取りがすっごい面白かった。

カテゴリー

長谷部誠選手「心を整える」を読んで、メンタルの重要性を考える。

前から気になっていた長谷部選手の「心を整える」という本。読まないといけない本が山ほどあるから、避けてたんだけど、この週末は会社に本を忘れてしまったので、つい買ってしまった。

カテゴリー

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義のレビュー

20歳のときに知っておきたかったこと

★★★★☆

読みきってなかったので「20歳のときに知っておきたかったこと」を読んだ。

今読んだことに意味があるんかも。面白かったです。

カテゴリー

「超」手帳法 野口悠紀雄のレビュー。ライフスタイルの変化に適応する考え方。

「超」手帳法 野口 悠紀雄

★★★☆☆

なんか手帳に縁がある。

だって、文具王手帳に続き、超整理手帳カバーも作ってるからね。

カテゴリー

花と緑で町おこしをする庭師。「世界一の庭師の仕事術」のレビュー

この本は長崎出身の石原和幸さんの自伝で、ビジネスになりにくいと言われる花屋の仕事で、路上販売から世界ナンバーワンになるまでの軌跡が書かれてます。すごい面白くてアッという間に読んだ。これはおススメ!

カテゴリー

サッカーは人を育て、人によってサッカーも育てられるもの。やめないよ(三浦和良)を読んで

やめないよ (新潮新書)三浦知良

★★★★☆

中学生のとき、カズは嫌いだった。
なんでかというと、めちゃくちゃ態度がデカかったから。笑