とれるカメラバッグのユーザーイベントでみんなの笑顔を見て、やってよかったと思った。

第1回のスーパーコンシューマーのイベントが2012年2月16日に開催されたんですが、大盛況でした。とれるカメラバッグのユーザーの人たちの笑顔を見て、本当によかったと思いました。

第1回のスーパーコンシューマーのイベントが2月16日に開催されたんですが、大盛況でした。とれるカメラバッグのユーザーの人たちの笑顔を見て、本当によかったと思いました。

とれるカメラバッグユーザーイベント集合写真

いしたにさんもイベントで言ってましたが、このカメラバッグを作ってボクらが一番嬉しかったことは、工場の人たちがビックリしたことです。普通、ノンブランドで一色だけで、ネット販売だけのカバンなんか売れるわけないそうです。おまけに安くもない。だから、工場の人たちは面白いけど売れるかどうかは半信半疑だったんだと思います。

でも、それが売れた!初期ロットは4日で完売、今でも売れています。

コンセプトで売れることが証明できたんです。工場の方々も独自アイテムを作ることを検討しだしたようです。それがめちゃくちゃ嬉しい!

ボクらのプロダクトはマニアックなので万人受けするものではないです。だけど、一部のファンの熱はすごい!

マニアックな消費者のアイデアをカタチにして、人に自慢したくなるものを作ろう!というコンセプトで始めたスーパーコンシューマーが着実に前進してると感じた日でした。

来て頂いたみなさんありがとうございます。またイベントやっていこうと思っています!

当日の様子はこちらより確認できます。

スーパーコンシューマーでもレポートを書いてます!

コメントを残す