フィリピン英語留学の学校比較、オモシロイ人が集まるCNE1の体験談。


フィリピン英語留学ではストーリーシェアだけでなくCNE1にも通ってたので、どんな学校か忘れないようにメモ。口コミで広がってる人気の学校のようなので、行ってきました。

フィリピンの日本資本の語学学校

日本資本の語学学校は、CNE1、ストーリーシェア、EB、ラングリッチの4つが有名だけど、(もちろん他にもあるでしょうが。)その中でCNE1体験談。ストーリーシェア体験談はこちら。


より大きな地図で フィリピンの日本人オーナー学校 を表示

なぜ、CNE1に行ったか?

フィリピンに行く前に、学校を調べていたら、CNE1という学校が検索上位に出てきた。オレンジ基調のサイトなんだけど、どこかで見たことあるな。と思ってたら、数年前に友達に薦められたのを思い出した。

それで、その友達に問い合わせてみたら、その子の同僚がこのCNE1のサイトを作って運用してるというではないか。

世の中狭い!

それで、経営者の井坂さんのtwitterをフォローしたら、近々、渋谷で開催されるフィリピン留学フェスに来られると呟いてる。これは、話するしかないと思って、メールしたら、超過密スケジュールの様子。

立ち話でもよいとお願いして、そのイベントに行って強引に話しかけたのでした。

井坂さんはヤフーバリューインサイトの立ち上げメンバーなので、ITの人なんだけど、全然ITっぽくなくて、マーケティングスタンスも似てた。共感するところが多かったので、このときにCNE1に行くことを決めた。

どんな学校なのか?

この学校はマニラからバスで北に約4時間のところにある。ターラックという田舎で、周りには何もない。フィリピン人と韓国人と日本人の3人で共同経営しているのが特徴的。なので、学校には韓国人も少しいます。ちなみに、経営者の1人であるフィリピン人はガリーさんっていうんですが、彼に権力あるのは間違いなくこの学校のストロングポイントでしょう。

フィリピン留学のCNE1体験談

こんな田舎なので、ちょっと買い物に行くときも歩いてはいけないので、バスに乗る。バスで25分ぐらい行けばSM Rosalesというショッピングモールがあるが、その間にはほとんど店がない。よく言えば、勉強に集中できる環境。悪く言えば何も無い環境。ちょっとカフェに行って、集中したいなっていうのはやりにくい。

IMG_5723

道路と畑が多く、そんな道路脇に学校のゲートがある。

(手を振ってるのは仲良くなった現地大学生)

このゲートの先には小さい大学のキャンパスみたいなんがあって、その中に、現地の小学校、高校、大学がある。このキャンパス内にCNE1がある。この立地も特徴的。

IMG_5704

僕はキャンパス内の現地学生とばかり話してました。

IMG_5803

生徒は70人ぐらいでほとんどが日本人。部屋は1人部屋から4人部屋まであって、このキャンパス内に住む。休み時間に若者とサッカーしてみたり。

IMG_5814

メシも洗濯も掃除も全部やってくれる。先生も70人ぐらいいて、かなりの先生がキャンパス内に住んでいる。先生はそれぞれの個室が割り当てられてて、授業は先生の部屋で行う。

IMG_2204

入学すると、月曜日は試験日で、スケジュールが渡される。スピーキングの授業と、TOEICみたい試験と、面接があって、クタクタになって月曜は終わる。

IMG_5918

そして、金曜日は毎週気合いが入った卒業式。卒業式の様子は録音したので、これを聞けば雰囲気が分かります。CNE1卒業式のレポート。

授業は2時間で1コマ。僕は4時間のマンツーマンと2時間のグループレッスンを受けた(8時間まで取得可能)。先生はたくさんいるので、相性もあると思うけど、僕は何も不満なかったです。ほんとに楽しかった。

ただ、田舎になればなるほど、経験ある先生は集めにくいのでしょうね。ストーリーシェアのほうが先生が訓練されている感じがしました。こっちがダメとじゃなくて、こっちに来たことで、ストーリーシェアが講師教育に力を入れているのが理解できた感じ。

規模や場所による違い

学校の違いというより、都市と田舎の違いだったり、人数の多い学校と少ない学校の違いがやっぱりある。

CNE1は生徒の人数が多い(約70人)ので、授業の選択肢や教材の種類はストーリーシェア(僕が行ったネポは15人)より少し多かったです。人数が多いからこそ細かいコミュニティが作れる利点がある。一方、少人数の学校は一体感がある。みんな仲良しだったらファミリーみたいになれるかもしれない。これは好みですね。

田舎の場合は遊びの誘惑は少ないです。マニラだといろんなイベントがあるから毎日遊びにいく人もいます。これは留学に何を求めるかなので、都市でいろんな経験するか、田舎で勉強に集中するか人それぞれですね。もちろん、都会で勉強に集中することも意思が強ければ出来るでしょう。

CNE1はヘンな人が多い

577201_340291736045205_439621573_n

CNE1では自分が望めば何でもできる感じがしました。みんなの前でスピーチをする人もいるし、先生と一緒にダンスを発表する人もいる。English Only Policyクラブを作って、夜に集まってディスカッションしてる人もいる。隣接している学校で日本語を教える人もいましたね。

これって、どこの学校でもやればできると思うんですが、この学校はそういうのを自主的にやる生徒がすごい多い。この自主性が生まれる雰囲気や仕組み作りがスゴイし、そういう人たちが集まるようなブランディングがいいですね。

ここには日本で何してるかよく分からない人がウヨウヨいます。で、話してみるとなんか凄そうだったりします。だから、「CNE1には起業家が集まる」という口コミがあるみたいで、それで入学を決める人も多いようです。僕は、この学校に限らず、フィリピンにいる日本人は全体的に変わってると思うので、特にCNE1が変わってるとは感じなかったけど、他の生徒さんが口を揃えて、ここは変わった人が多いと言ってたのは印象的でした。

自己主張できる人にオススメ

ここは、よくも悪くも、生徒の自主性にゆだねている。なので、主張できない人はシンドイかもしれない。
みんなのテンションが高いので疲れるという生徒もいました。静かに集中したい人はシンドイのかも。部屋は相部屋だし、1人で集中する場所はあまりないです。

あと、ここはブランディングできてるから、運営にインターンが数名いるんです。インターンが集まるのが単純にすごいと思うけど、インターンによってサービスレベルが違うという不満も数人から聞いた。

学校は特に何も干渉してこないので、自ら動く人と、そうでない人で得られる経験は全然違うと思います。まだ規模を大きくするそうなので、ここも今後の運営体制に注目です。井坂さんにはインタビューしたので、どこかで公開する予定です。

あ、そうそう。他の生徒とラジオ収録したので、これを聞けば学校の雰囲気が分かると思います。フィリピン英語留学の現状をCNE1という語学学校からお届けします!

映像見つけました。

フィリピン留学体験談ラジオ

フィリピン留学の体験者に会う機会が多いのでリアルな口コミサイトを作りました。インタビュー音声もありますので、興味ある方はどうぞ。

“フィリピン英語留学の学校比較、オモシロイ人が集まるCNE1の体験談。” への7件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です