奇跡のリンゴを読んで、農薬、自然、役割、人との関わり方とか考えた。木村秋則さんの考え方が好き。

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録

★★★★★

無農薬でリンゴを作る木村秋則さんの話。

前々から知ってたけど、読んでなかった。
空港で目について読んでみたら予想以上にオモシロい。

リンゴが出来るまでのプロセスがあまりにスゴイので、「困難にぶつかっても諦めるな!そうすればきっと道は開ける!」っていうのが伝えたいのかもしれないけど、そういうことは僕はどっちでもよくて、単に、この人が、まわりに流されることなく自分の道を貫き通したことがスゴイ。

もともとエコな人かと思いきやそうではない。昔は技術者で、すぐ合理化を追求してしまうし、損得を計算するタイプ。そういう人が、何もしないのが一番合理的という考えに至った。そして、無農薬を達成するために、たくさんの観察をして、たくさんの実験を繰り返して、ある真理に辿り着く。

彼とリンゴの関わり方の中から、いろいろ考えさせられましたよ。自然、組織、役割、人との関わり方とかね。

ダカールラリードライバー三橋淳の「車庫入れ講座」はラジコン実技だった、大盛況でしたよ!

車庫入れ講座 - 三橋淳
ラジコンを使って車庫入れのコツを説明する三橋さん

ダカールラリードライバー三橋さんの「車庫入れ講座」が、15人満員で、大盛況で終わりました!どうなることかと思いましたが、終わってみれば、終電近くまでみんなが帰らないぐらい盛り上がりました(笑)。最後のほうはガンダムの話でしたがw。

講座内容は、前半は、ダカールラリーの説明を映像を使いながらしていただいて、後半は、1人ずつラジコンを操作してもらいながら、三橋さんからのメッセージを体験して頂きました。バック時のリスク回避のコツとかね。

車庫入れ講座の解説でラジコンを使う
ラジコンを使って、なぜ車庫入れが難しいのかを体感

個人的な感想は、

長距離で世界一早い男は、ゆっくり慎重に物事を考えてるというのがオモシロかったです。大きなリスクを避けてコツコツ進むことが、結果的に最速になる。

やっぱり、確実にコツコツと積み上げるって大切ですね。あと、やっぱり、やってみて分かることがたくさんあって、運営側としては反省点もあるので、改善していきます!あ、また開催するかは未定です。

後日、三橋さんのブログにも感想がアップされていました。三橋さんも楽しんで頂けたようでよかったです。タイトルに笑いました。

車庫入れ苦手です | JUN MITSUHASHI OFFICIAL WEB SITE

南極旅行講座のはずが、地球物理学だった。めちゃ難しかったが、ますます南極に興味がでてきたぞ。

南極講座 渡辺さん

勢いで開催した南極講座ですが、無事終わりました。

どんな講座になるのかドキドキしてたら、予想と全然違う内容。
話が難しくて、何度もストップをかけました(笑)。話す単語が分からない。

それもそのはず、講師の渡辺興亜さんは地球物理学の研究者で大学院大学の名誉教授。南極の基地を作ったり、行政と予算交渉していたエライ方だったのです。

当日までそんなすごい人と知りませんでした・・・。

普通はそんなエライ方が担当しないらしいのですが、ボクが何が聞きたいのかよく分からないので人をアサインするのが難しくて、たまたま電話に出た渡辺さんが担当してくれたのです。本当にありがとうございました。

「そんな難しい話は誰も分からないよ!」と思っていたら、参加者の南極リテラシーは高く、みんなの質問も難しい。完全に落ちこぼれました・・・。

でも、すごい勉強になったし、オモシロかったです。興味深いスライドもあったので、少しだけ紹介。

講座の様子を少しだけ

北極と南極

実は、北極と南極の違いが分かってなかったけど、すごくよく分かりました。

南極にある日本基地

南極にある日本基地。観光でよく行くのがアルゼンチンエリアと知った。日本の昭和基地に行きたいぞ!

地球の放射収支分布

地球の放射収支分布。こんなこと考えたこともなかった。この図の意味が分かるようになったぞ!

南極に向かう舟「しらせ」

南極に向かう舟「しらせ」

南極ペンギン

基地付近のペンギンがカワイイ!

当日は80枚以上の資料を元に、あっという間の2時間。

その後、南極について参加者で雑談。ますます南極に興味がでました。というか、地球物理学って本当に全然知らなかったので、学べてよかったです。環境問題とも繋がってますね。

更に改善して、第2回も開催したいです。しばらくいろんな講座を開催していくので興味ある方はチェックしててください!一期一会なイベントばかりになりそうな予感です。

近日開催予定の講座

チームビルディングをサッカー漫画「ジャイアント・キリング」から学ぶ。今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則

今いるメンバーで「大金星」を挙げるチームの法則――『ジャイアントキリング』の流儀

★★★☆☆

先日たまたま楽天大学の学長の仲山さんと飲む機会があった。最初は様子を見てたのだけど、お互いサッカー好きということで、共感する部分があって楽しく話してたら、仲山さんが、ジャイアント・キリング(サッカー漫画)を題材として、チームビルディングの本を書いたというではないか。

「あたらしい書斎」(いしたにまさき著)断片的な時間をうまく使えることより、考え抜く機会を増やすほうが重要じゃない?

あたらしい書斎 いしたにまさき

★★★★☆

ちょっと遅いが、いしたにさんの本を読んでみた。実ははじめて・・・。すごくよかったので、久々の本のレビューです。

ボクたちは、マルチタスクが当たり前になった。
ボクたちは、合間の時間を使うのがすごくうまくなった。
そのためのツールもたくさん生まれて、断片的な時間を有効に使えるようになった。

タイ旅行ガイドブックiPhoneアプリ、音声で臨場感たっぷりの旅道場をリリース。

旅を楽しむコツが満載の音声ガイドブックサイト「旅道場」を作りました。第一弾はタイ旅行で、「魚釣拳」と名付けて釣りをしてきました。もちろん、釣り以外にもタイ旅行に必要な情報はぜんぶ揃っています。

似顔絵楽座(席描き日本一を決める大会)で思った。大会も組織も評価制度が文化を作る。

ちょっと前になっちゃいましたが、名古屋の似顔絵楽座に行ってきました。似顔絵師の紹介はシゴトカンでしてるので、今回の記事では似顔絵師の紹介は意識的に控えました。イベントレポートとして紹介します。

講談社「超」整理手帳オフ会でスーパーコンシューマーの取り組みを話しました。

講談社「超」整理手帳オフ会で話す木谷さんと館神さん

スーパーコンシューマーはデザインする手帳(超整理手帳カバー)というプロダクトを販売している。超整理手帳は講談社さんが販売しているので、ひょんなことから講談社さんのオフ会で講演させていただく機会をいただきました。

ザック監督と中田英寿の対談。選手も監督も2年以上は同じチームにいるべきでない。

ちょっと古いけど、たまたま見たザックの映像が面白かった。
ザック監督は2年以上同じ場所にいるべきでないというポリシーなので、彼の契約ってワールドカップまでじゃないんですね。